最安のお得なスマホ料金プランはLINEMO+楽天モバイルの組み合わせ!合計月900円!

生活

スマホの料金プランを検証してみた

au、ドコモ、ソフトバンク、それにMVNOと呼ばれる大手3社の回線を借りて安く提供している会社と多くの会社が安い料金プランを出して来ているので、どの会社に切り換えするのが一番いいのかを悩んでいる人も多いと思います。
データ通信料20Gで2800円ぐらいで各社が同じような料金プランを出してきましたが、
一般ユーザーの6割の人がデータ通信量3G以内で済んでいるようです。
そうなると、この20Gというのはオーバースペックで要らないですよね。ということで、3G以内のユーザにとって一番おすすめのプランを紹介します。

楽天モバイルの料金プランは挑戦的

1Gまでなら0円という圧倒的な価格はスマホであんまりサイトを見ない人には最安値です!!
しかし、楽天モバイルの凄いところは、実は通話料がすべて0円なこと。
Rakuten Linkアプリを使用して掛けた通話料は発信も着信も全て0円になるんですよ。
意外とこのことを知らない人は多いです。
それに最近のスマホはデュアルSIMといって、一つのスマホに2枚のSIMを入れることが出来るものが多いので、他の会社でスマホを契約している人も、今の契約はそのままで通話専用に楽天モバイルを0円で契約することをお勧めします。
掛ける専用だから電話番号は新規の番号でもいいですよね。
今の契約を乗り換えてもいいという人なら、キャンペーンで20,000円相当の楽天ポイントが貰えるので乗り換えて、データ通信3G使っても980円でお得。

楽天モバイルに対抗したのがLINEMO

この楽天モバイルの挑戦的な価格にソフトバンクの孫さんが対抗したのがLINEMO。
これ、LINEモバイルとLINEMOって同じものだと思っていたら実は別物なんですよ。
あとで設定の所でこのことでハマることになるのですが、
LINEモバイルはソフトバンクの回線を借りて電話をするMVNO。
LINEMOは、ソフトバンク自体がやっているサービスなんですよ。
だから、回線速度や安定性はLINEMOの方が圧倒的にいい。
そこで最近出てきたのが月900円のミニプラン。

データ通信量が3Gまでですけど、ほとんどの人は十分ですよね。
それにLINEでのメッセージや音声通話や動画通話はデータ通信量にカウントされないんですよ。
そりゃLINEMOですから当然ですよね。
なぜ、私が楽天モバイルのみではなく、
LINEMO+楽天モバイルが最強かというと、
楽天モバイルは、データ通信量が3Gを超えると、使用量によって1,980円、2,980円と上がっていくけど、LINEMOは、3Gを超えると通信速度が300Kになるだけで、いくらでもインターネットは使用することが出来るんですよ。
通信速度が300Kというと、すげー遅いんじゃないのと心配に思う人もいると思いますが、高画質で動画を見たり、画像の多いサイトを見る以外はほとんと気にせずに使えるレベル。
私は【UQmobile】を使っていた時は通信量がカウントされない節約モード(300K)で普段使っていたけど、LINEでもYouTubeでも全く不便なかったもんね。
グーグルマップをカーナビ代わりに使っているのですが、それも問題なく使えてましたよ。

UQmobileのでんきセット割はどうなの?

【UQmobile】がでんきセット割で900円というプランを出してきて、各社1000円以下の小容量プランを出してきましたね。
いっけん900円で同じように見えるプランですが、この 【UQmobile】のでんきセット割プランには落とし穴があります。
このプランを適用するためには、auがやっている「auでんき」か「UQでんき」に申し込む必要があるのですが、この電気会社の料金が他の電気料金よりも割高になっているのです。
だから、携帯料金だけを見ると900円と安くなった方に見えるのですが、電気料金を含めて考えるとプラスマイナスゼロか損してることになりかねないので、安易に飛びつかないで電気料金比較サイトで確認してから申し込みしてね。
その点、LIINEMOは落とし穴が見当たらないので、申し込むならLINEMOがおススメかな。

気になる手数料が0円

スマホ会社を乗り換えると以前は事務手数料が3,000円とか、解約手数料が9,800円掛かりますとか、電話番号を今使っている番号を使いたいからMNP転出費用が3,000円掛かりますよというのがあったけど、今はこの辺の費用が一切かからないのね。
だから、実際に使ってみて、なんか想像と違っていたら、すぐに解約すればいいだけなのよ。
だって、すぐに解約しても0円だからね。

まとめ:LINEMO+楽天モバイルの組み合わせが最強

メインの電話番号はLINEMOで契約して、3G以上のデータ通信量を使っても月900円。
電話を掛ける時には、楽天モバイルの Rakuten Linkアプリを使うから0円。
電話を受ける時は、LINEMOで今までの電話番号で受けられるから、
合計、月に900円でスマホを快適に使うことが出来るのがいま一番ベストなプラン。
今、au、ドコモ、ソフトバンクを使っている人は月に最低でも8,000円は掛かっているから、
月に7,100円の節約。
年にしたら85,200円の節約になるんですよ。
料金プランを変更するだけで、毎年これだけの料金が節約されるんだから、
節約できたお金で美味しいものを食べたり、旅行に行ったり楽しんでくださいね。

このサイトから楽天モバイルを契約しても20,000円相当のキャンペーンは適用になるから心配しないでね。

LINEMO設定の落とし穴

新しくSIMが送られてきたら、アクセスポイント名(APN)をLINEMOに変更すれば切り替え完了なのですが、一覧には「LINEモバイル」が表示されているからこれを選択する人が多い。
そして、なぜだか、通話やインターネットが出来なくて困ってしまう。

私もLINEモバイルを選択してハマってしまいました。
LINEMOのSIMの初期設定をしたのに、通話もインターネットも使用できない。
前に話したようにLINEモバイルとLINEMOは別のサービスなのですよ。
取りえず、LINEモバイルを選択したとしても赤く丸を付けたところのマークをクリックして、設定の内容をLINEMOの内容に変更してね。
この設定だけちゃんとやれば問題なく使えます。

実際にLINEMO+楽天モバイルを半年使ってみての感想

結論としては最高です。
基本的な電話の受信とインターネットはLINEMOを使って、どこかに電話を掛ける時には楽天モバイルを使うという使い方なの、楽天モバイルも弱点をLINEMOが補ってくれてBESTな組み合わせだと思います。
楽天モバイルは、今はまだ電波が弱い所や圏外になる所があります。
電波の届いている所では問題なく無料で通話が出来ているし、音声の品質的にも特に問題はありません。
格安な MVNO よりも金額的には更に安いのにLINEMOは、ソフトバンクの独自回線を使っているので、電波状況もいいし、インターネットの通信速度も使っていて不便さを感じることは全くありませんでした。
これでユニバーサルサービス料や消費税も含めて、994円なのですから安いですよね。
これはしょうがないのですが、0570から始まるナビダイヤルなどは無料通話にならないので、たまに何かのサポートセンターに電話したりすると1000円を超えてしまうことがあるので、
サポートセンターに電話する時には、ナビダイヤルではなく通常の電話番号に電話するように注意しています。
でも、これはどこの電話会社でも同じことなので、今のところ LINEMO+楽天モバイル に勝てる組み合わせはないですね。
最近、OCNで月額550円とLINEMOよりも安い価格で宣伝していますが、1か月に使えるインターネットの通信量が500Mだったり(LINEMOは3G)、OCNは MVNO なので、通信速度が遅かったりと一見金額的には安いから乗り換えたくなりますが、コストパフォーマンス的にはLINEMOには全然勝てないですね。
【UQmobile】 の自宅セット割990円も同じですね。
スマホの他に電気やインターネットの契約をセットでやらないといけないので、総合的にはコスパでLINEMOには勝てないですね。
菅総理から岸田総理になって、電波オークションという制度を使っていかにも携帯料金が安くなるような政策をしようとしてる風に見せていますが、これは、結果的には携帯料金が高くなる仕組みですから、ズルいですよね。
実は結果的には菅さんは国民の為になる政策をやろうとして、説明が下手で国民に理解されなかった。
岸田さんは、大企業が儲かる仕組みをあたかも国民が得すると思わせてメリットだけをうまく説明するズルい人なのかなと思います。
でも、客観的にみると岸田さんの方がリーダーシップがあって、国民に寄り添って行動してくれているように見えるんですから不思議ですよね。
これが一流の政治家なんでしょうね。
みなさんも自分の身は自分で守るために、本質を見極める力を持ってくださいね。

[節約術]家計の達人が実践している無料で出来る一番のオススメ健康管理法はこれだ!
無料で自分の健康状態をチェック! 健康管理をしながらプレゼントがもらえたり、お菓子や飲み物が食べ放題、飲み放題。

コメント

タイトルとURLをコピーしました