首都圏コンピュータ技術者株式会社[PE-BANK]/フリーSEになって収入は3倍アップした!

収入アップビジネス

部長の給料っていくら?

コンピュータ会社に入社して3年。
チームリーダーをやるようになって、びっくりした。
一緒に仕事をしていた協力会社の人の給料を聞いて唖然。
サブリーダをやってもらっている人が給料150万を貰っていると言う。
あまりの金額に「嘘だろー」と思い、
他のプログラマーの人にも給料を聞いてみると、
60万、80万、75万・・・
俺の給料の3倍以上もらってるじゃないか。

サブリーダーの人は、まぁ、確かに仕事がずば抜けて出来るから納得はいくが、
他の人は俺とまったく同じ仕事をしている。
むしろ俺のほうが彼らよりも働いている自信はあった。

もともとコンピュータの仕事を選んだのは、
年功序列じゃなく、実力でどんどんと上に上がっていけるし、
自分のアイデアひとつで、金持ちになれると思ったからだ。

それが、今、同じ仕事をしているのに、この収入の差はあまりにありすぎる。

すぐに本社に帰り、部長に聞いてみた。
「部長、今、年収いくらもらってますか?」

部長はちょっと戸惑った様子だった。

「私は金持ちになるために、コンピュータの仕事をしているのですが、
この会社で部長になったとして、本当に金持ちになれるか非常に疑問です。
部長がいくらもらっているか教えて下さい。」

部長は私の押しに負けてしぶしぶと
「1200万」と答えた。

この会社で部長まで行っても1200万か。
おそらく成れたとしても10年ぐらい先になるだろう。
それに一緒に働いているサブリーダーは1800万だよ。
俺は、すぐに会社を辞めて転職を決意をした。

フリーSEになる時の不安!

フリーで一番不安だったのは、フリーというのが漠然としていて、本当に自分がフリーでやっていけるか。

仕事はどうやって見つけたらいいのか。
金額(給料)はどうやって交渉したらいいのか。

でも考えてみたら、回りの人達みんがやってるんだから、大丈夫だろう。
そんな簡単な気持ちだった。

それに、単純に考えてみて、今の収入が倍以上になる。
会社にいるメリットってなんだろう。。
確かに仕事がなくても、給料がもらえる。
病気になってもなんとかしてくれる。

しかし、これって本当だろうか。
今の世の中、潰れる会社はいっぱいあるし、
本当に会社が自分のことを守ってくれるのか??
体を壊して、会社を辞めていく社員を何人も見たことがある。
結局、会社にいようと、フリーになろうと実は環境は一緒じゃないの。
それなら、いっぱいお金をもらったほうがいいじゃん。
今から独立してフリーになるのと、会社員でやっていって、部長になった場合、
生涯の合計収入はあきらかにフリーになった方が高かった。
答えは決まった。

首都圏コンピュータ技術者株式会社(PE-BANK)に登録してみた

探してみたらフリーの人たちの協同組合があった。
多くのフリーの人で共済組合を作って、病気や急な事故などで働けなくなった場合に、保障してくれるような保険も完備されていた。
なおかつ、この会社に入社するわけではなく、
フリー(個人事業主)として活動し、その援助をしてくれるという会社だった。
仕事の求人案件紹介、金額の交渉、請求書の発行などを自分に代わってやってくれるという。
自分が考えていた不安要素を少なからず解消してくれる。
とりあず詳しい内容を知りたくて株式会社PE-BANKに申し込んだ。

(後日談)
ここは、企業との契約額の8~12%を手数料として取られるけど、
企業には消費税も請求してるから実質18~22%抜かれてる感じだね。
基本的に何もしてくれないので、なんでこんなに金を抜くのと言った感じだね。
単価は平均すると50~60万ぐらいじゃないかな。
PE-BANKのページで月収70万とか紹介されているけど、そんなのまれだと思うよ。
1年目12%、2年目は10%、3年目以降は8%と組合の取り分は長くいる人ほど減ってくるので、
長くいる人にはあまり新規案件を紹介してくれないって言うね。
営業の人は、ほんとに使えないから、ここで新しく仕事を探そうと言うのは、無理だと思うよ。評判も良くないしね。

フリー(個人事業主)SE登録説明会

東京の説明会に参加した。
都営浅草線の泉岳寺駅を降りると、すぐそばに会社はあった。
俺と同じように20人ぐらいの人が参加していた。
スーツを着ている人や私服の人様々だったけど、
自分は私服でフラーっと行ってみた。
初めに理事長の挨拶があり、組合の仕組みや、フリーになり独立するために何をしなければならないかなど、1時間ほど、説明を受けて、個別に面談があった。
履歴書と職務経歴書を持って行って、どんな仕事がしたいかや、大体給料はどのくらいもらえるかなど話をして後日連絡をくれることになった。

SEなら絶対にフリーになった方が得!

初めは65万/月で契約開始が決まった。
でも、もともと自分で探してきた仕事だし、金額交渉も自分でやって、
営業の人は、何もしてくれないのに、毎月、12%抜かれるのは、むかつくね。
速攻、PE-BANKとの契約は解除してやる。

やってみた感想は、特に社員の時と仕事内容は変わらないけど、収入は3倍になったって感じですね。
まずは会社とのコネがないからどこかの人材派遣に登録して、求人案件紹介してもらって会社と契約をし、
仕事をしていくうちに個人指名で契約がくるようになります。
そうしたら、収入はどんどんと上がっていきます。まぁ、交渉だけどね。
社員の時よりも、真剣にユーザーにとっていい物、自分の仕事に対して責任を持って、行動するようになったかな。
すべては、良くも悪くも自分に跳ね返ってきますからね。
でも、それがすごくやり甲斐があるけどね。

社員の人に言いたいのは、
コンピュータの仕事をするなら、絶対にフリーになって独立した方がいいですよ。
そして、もう辞めちゃった人はしょうがないけど、できればまだ会社員で給料をもらえてるうちに、どこかに登録して、次の仕事が見つかってから退社したほうが確実だよ。

もしもフリーになるのに不安な人は何でも聞いて下さい。いつでも連絡して

とにかくまずは行動。
でも、PE-BANKは評判悪いし、辞めたほうがいいよ。
うちの場合もそうだけど、間違いなく二次請け、三次請けにあたるだろうからね。法律的には、問題ありだろうね。詳細はこちら
最近、PE-BANKは適正な請負をやっているということでホームページで、個人事業主の一人請負は違法ではなく、自分達も偽装請負ではないとアピールしているが、問題点は3つだろうね。

①実質的には再派遣だが、法律を掻い潜る為に共同受注という形で個人事業主と契約を結ぶ。
②共同受注、請負契約と言いながら、契約時に注文内容を明確に把握しているPE-BANKの営業、個人事業主は少ない。
③請負契約なのに実質的には、勤務先の指揮管理に置かれることが多い。

まぁ、グレーゾーンなんだけどね。
法的に立証するのは、難しいから強気なんだろうけどね。

でも最近は、各企業もコンプライアンスを重視しており、フリーの人とは契約をしなくなってきている。
今の現場でも半分のフリーの人が契約を切られた。なおかつ、企業は請負契約を推進しているので、 2次請負は一番に排除されるよ。
うちもPE-BANKとの契約は解除して、正式に会社として契約しなおしたよ。
これも全部、自分でやったよ。当然、PE-BANKの営業は何もしてくれなかったけどね。

フリーSEの単価(給料)を上げる方法

実際に仕事を始めると私達のお金を払っているエンドユーザーと私達の間には、多くの会社が入っている事が多い。

例えば、私の場合、
実際に仕事をしている現場のA社、
A社と契約をしているC社、
C社から仕事をもらったPE-BANK、
そしてPE-BANKとパートナーの私と。
私の間に2社が入っていることになる。

こうなるとエンドユーザーA社は私に対して多額の単価(100万円近く)を支払っているにもかかわらず、
私の手元に入ってくる金額は65万円と35万円も間で抜かれてしまう。
なので一番の単価を上げる方法は、間に入っている会社を1社ずつ排除していく事です。
じゃ、どうしたら排除する事が出来るか?
それは、エンドユーザーのキーマン(人事権のある人)と信頼関係を作り、
個人指名で仕事をもらうこと。
そこまで出来なくても、エンドユーザーの会社で自分がいなくなるとその会社が困ってしまうという状況を作り出す
それが出来れば、「あいだの会社にいっぱい抜かれているから、他の会社に行こうと思います」という話をすれば、エンドユーザーはあいだの会社を通さずに直接契約をしませんかと提案してくるはずです。
エンドユーザーにとっては、今まで払っていた単価よりも安くなればうれしいし、
自分達は今までの手取りより増えればうれしいし、
お互いがハッピーになるんですよね。
まぁ、悲しむのは間に入っていた会社なんですけど・・・(^^♪

私は2年間であいだの2社をなくすことが出来て、
年収1000万越えを果たしました。
次は、月収100万越えです。

まぁ、単価を上げる方法は段階を追って、あとなんスッテプかあるのですが、
自分が成功してから紹介することとします。

月収100万円越えまでは、普通に自分が仕事をしていれば出来ると思うのですが、
年収2000万に乗せるには、次のステージに行かないとだめでしょうね。
私もがんばります。

>>あれから2年・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました